日本に住むアメリカ人の日記

日本人は面白いデスネ!

都営地下鉄大江戸線の路線図,新宿,時刻表,料金,運賃,遅延,定期,大門,東京駅

都営地下鉄大江戸線のことを、ご存知ですか?


今回、専門家並みに、かなり詳しく調べました。


都営地下鉄大江戸線は、東京都交通局が運営する鉄輪式・リニアインダクションモーター推進方式を採用した鉄道路線都営地下鉄)ですよ。


鉄道要覧には12号線大江戸線と記載されていますが、都営大江戸線と呼ばれることが多いですね。


東京都練馬区光が丘駅と渋谷区の新宿駅を結ぶ放射部と、新宿駅から反時計回りに新宿区の都庁前駅に至る環状部から構成されていますよ。


環状の路線を形成していますが、山手線などとは異なり、エンドレス循環型運転ではなく6の字型運転ですよ。なお、起点は都庁前、終点は光が丘ですよ。


都営地下鉄大江戸線の路線名の由来は、東京の古称である江戸の雅名大江戸からですよ。


都営地下鉄の路線の中では唯一、他社路線との直通運転をしない路線となっていますよ。また、浅草線と同様に全線・全駅地下区間で地上には出ない路線ですよ。


後発で建設された地下鉄路線のため、既存の路線より深部を走り、全般的に駅ホームがかなり深いところに設置されていますよ。


特に2層構造の六本木駅は、下部の内回り1番線ホームが地下 42 m と、地下鉄駅としては日本で最も低い場所に位置していますよ。


また、乗り換え駅では既存路線の駅からかなり離れた場所に位置することも多く、地上経由の乗り換えを余儀なくされる駅もありますよ。


都営地下鉄で初めてワンマン運転を実施しましたよ。


単一の地下鉄路線としては日本最長 (40.7 km) であり、全線がトンネル(地下区間)構造のため、連続した地下鉄トンネルとしても日本最長ですよ。


この路線では、都営地下鉄の中でも地上から深い駅が多いですよ。


日本の地下鉄では最深部を走行しており、耐震性に富み、災害時には救助作業の大動脈として利用されることになっていますよ。そのため、非常用の備蓄倉庫が麻布十番清澄白河の両駅に設置されていますよ。


都営地下鉄大江戸線の路線距離(営業キロ)は、全長 40.7 kmですよ。
(光が丘 - 新宿間(放射部) 12.9 km、新宿 - 都庁前間(環状部) 27.8 km)


都営地下鉄大江戸線の駅数は、38駅ですよ。(起終点駅含む。ただし都庁前駅は1駅として数える。日本の地下鉄線では駅数が最も多い)


都営地下鉄大江戸線の最高速度は、70 km/h ですよ。


都営地下鉄大江戸線の全線所要時分は、内回り81分10秒・外回り80分25秒ですよ。


内回りは、光が丘 - 都庁前 - 大門 - 両国 - 都庁前着までですよ。
外回りは、都庁前 - 両国 - 大門 - 都庁前 - 光が丘着までですよ。


この路線では、全線で開業当初よりワンマン運転を実施しているため、保安装置にATC装置を使用し、列車の自動運転機能を有するATO装置を使用していますよ。


朝夕ラッシュ時は、最短3分間隔で運転されていますよ。


2016年度の1日平均輸送人員は933,621人で、都営地下鉄4線の中では最も多いですよ。


2016年度のラッシュピーク時の混雑率は、中井→東中野間で155%(輸送力15,600人/輸送人員24,163人)となっていますよ。


都営地下鉄大江戸線の路線図のおすすめは、都営交通が作成している公式路線図ですね。


各駅ごとに、駅名と乗換情報が分かりやすく記載されているので、移動ルートを確認するのに最適ですよ。


大江戸線の駅名が記載されている地図は、たくさんありますが、比較的見やすいのは、gooが提供している地図ですね。


gooの地図を見て分かることは、大江戸線は、山手線の内側はもちろん、外側(深川方面)も網の目のようにカバーしているということですね。


深川方面には、カフェブームの火付け役になった清澄白河ブルーボトルコーヒーの本社がある)をはじめとして、門前仲町・月島・築地といった、下町の主要エリアがありますね。


大江戸線は、これらの下町の主要エリアをすべてカバーしている唯一の地下鉄ですので、上手に活用すれば、都内の移動時間を削減することが可能ですよ。


大江戸線の料金精算が面倒な方には、PASMOの利用がおすすめですよ。ICカードでタッチするだけで精算が終了し、結果として、移動時間を短縮できるというメリットもありますよ。


都営地下鉄の時刻表や路線図、運賃は東京都交通局のオフィシャルサイトで確認する事ができますよ。
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/ 


時刻表を確認する方法は、画面右側の時刻表をクリック、次に路線を選択すると、その路線の駅名一覧が表示されるので、知りたい駅名を選択すると時刻表を確認できますよ。


路線図を確認する方法は、画面左下に地下鉄路線図という項目があり、そちらをクリックすると路線図を確認できますよ。


運賃(料金)を確認する方法は、画面右側の運賃・所要時間等検索をクリックし、乗車駅と到着駅を入力してから検索するボタンを押すと電車料金が確認できますよ。


また、時刻表や運賃を確認する別の方法として、Yahoo路線情報を利用する事ですね。
乗換案内の出発欄と到着欄、日時などを入力して検索すれば、複数の候補を表示してくれますよ。


都営地下鉄の路線だけでなく、様々な交通手段での乗り換え、料金の案内をしてくれますよ。とても便利なので是非ともお気に入り登録、もしくはスマホアプリをインストールしましょう!