日本に住むアメリカ人の日記

日本人は面白いデスネ!

東京メトロの東京地下鉄マップ,立体路線図,わかりやすい,路線図,料金,一日券,1日乗車券,乗り放題,運行状況,遅延,定期券,東京地下鉄株式会社

東京メトロ(東京地下鉄)のことを、ご存知ですか?


今回、専門家並みに、かなり詳しく調べました。


東京地下鉄株式会社は、東京都の特別区(東京23区)およびその付近で地下鉄を経営する鉄道事業者ですね。愛称は東京メトロで、東京の地下鉄路線のうち、銀座線などの9路線を運営していますよ。


1941年に設立された特殊法人営団)である帝都高速度交通営団(交通営団)を国の行政改革の一環として民営化するにあたり、同営団の事業を承継する法人として、2004年(平成16年)4月1日に東京地下鉄株式会社法に基づいて設立された特殊会社ですよ。


9路線11系統・195.1 km(営業キロ)の地下鉄路線を運営するほか、関連事業を営んでいますよ。


完全に公的資本会社ですが、民営化前の営団時代から日本民営鉄道協会に加盟しており、民営化後は16社目の大手私鉄とみなされていますよ。


東京地下鉄では、銀座線・丸ノ内線を除く7路線で他社線との相互直通運転を行っていますよ。


東京地下鉄の所有車両は、東武鉄道日比谷線有楽町線半蔵門線副都心線)、東京急行電鉄半蔵門線南北線副都心線)、横浜高速鉄道副都心線)、東日本旅客鉄道JR東日本)(東西線・千代田線)、小田急電鉄(千代田線)、西武鉄道有楽町線副都心線)、東葉高速鉄道東西線)、埼玉高速鉄道南北線)と相互乗り入れを行っており、埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県までの広範囲で運転されていますよ。


ただし、茨城県内の乗り入れ駅は取手駅のみであり、乗り入れ時間帯も通勤時間帯に限定されていますよ。


有効期間内の24時間に限り、東京地下鉄線全線が乗り降り自由な東京メトロ24時間券(大人600円、小人300円)がありますよ。


当日券と前売券の2種類があり、当日券は自動券売機と定期券売り場で、前売券は発売日から6か月間以内の使用開始時刻から24時間のみ有効で定期券売り場のみで販売されていますよ。


なお、自動券売機で販売する24時間券(発売当日の利用開始から24時間限り有効)は、PASMOSuicaでも購入可能で、他社が管理する駅(中野・西船橋日比谷線北千住・中目黒・代々木上原半蔵門線/副都心線渋谷・和光市・目黒)も含めた東京地下鉄線全駅で購入できますよ。


2015年2月10日発売分から従来の大人710円、小人360円から値下げされましたよ。
なお、2016年3月25日までは発売額が同額で東京地下鉄一日乗車券が販売されており、使用当日のみ有効でしたよ。


このほか、都営地下鉄と組み合わせた東京メトロ都営地下鉄共通一日乗車券や、23区内の都営交通(都営地下鉄・都営バス(多摩地域を含む)・都電荒川線日暮里・舎人ライナー)やJR線と組み合わせた東京フリーきっぷ、各私鉄などと組み合わせた一日乗車券も販売されていますよ。


また、東京への訪問者や学生の修学旅行のために、1 - 3日間有効(2016年3月26日より24 - 72時間有効に改定)のオープンチケットも販売されていますよ。


なお、オープンチケットは、関東1都6県および山梨県を除く全国の旅行代理店で東京方面向けの旅行商品(JR乗車券等を含む)とセット販売となっていますよ。


東京メトロには東京メトロ路線を1日何度でも利用できるきっぷがあり、大人は600円、小児は300円ですよ。


東京メトロの初乗りは切符で170円、ICカードで165円ですので、実質東京メトロを1日に4回以上乗車する場合には1日券を利用することが便利ですよ。


東京メトロの1日券には2種類ありますよ。
1つ目は、始発から終電まで東京メトロ全線が乗り降りできる東京メトロPASMO 1日乗車券ですよ。


2つ目は、同じ1日乗車券でも、使用開始から24時間に限り、東京メトロ全線が自由に乗り降りできる東京メトロ24時間券ですよ。


東京メトロの定期券には全線定期券というものがありますよ。
これは有効期限内であれば、東京メトロの全路線を何度でも利用できる定期券ですよ。
磁気定期券の場合は持参人、IC定期券は記名人が使用できますよ。
磁気定期券の場合は持参人式ですので、休日はご家族での使い回しもでき、さらにお得ですね。


発売場所は、各駅にある多機能券売機、及び定期券売り場、定期券webサービスの3箇所ですよ。


東京メトロの定期券の料金を調べるならこちらが便利ですよ。
http://www.tokyometro.jp/ticket/types/pass/index.html 


東京メトロの主な路線は、丸ノ内線、銀座線、日比谷線東西線、千代田線、有楽町線半蔵門線南北線副都心線ですね。


路線ごとの路線図を見たい人は、東京メトロ公式の路線図がわかりやすいですよ。
東京メトロ公式サイト http://www.tokyometro.jp/station/index.html 


東京メトロ公式サイトには、簡易版詳細版駅番号表示版と3つの東京メトロ線の路線図がありますよ。
基本的に、簡易版で十分わかると思いますよ。


東京メトロのほとんどの駅(主要な約100駅)では、無料の公衆無線LANサービスMetro_Free_Wi-Fiが利用できますよ。


お手持ちのスマホからWiFi設定でMetro_Free_Wi-Fi を選び、メールアドレスを入力すると、無料でWiFiを利用できますよ。


ただし、1回180分までの利用しかできませんが、1日の使用回数に制限はないので、一度WiFiから切断すれば、何度でも利用できますよ。


利用規則や利用方法の詳細は、公式サイトで確認してくださいね。