日本に住むアメリカ人の日記

日本人は面白いデスネ!

東海道新幹線の時刻表,運行状況,予約,料金,wifi,停車駅,空席,路線図,駅

東海道新幹線のことは、よくご存知ですね。


今回、東海道新幹線のことを、専門家並みにかなり詳しく調べました。


東海道新幹線は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ東海旅客鉄道JR東海)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車です。


多くの列車が、山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して東海道・山陽新幹線とも呼ばれていますよ。


東海道新幹線は、世界初の高速鉄道であり、日本国内の新幹線としては最古の歴史を持ち、2014年10月1日に開業から50周年を迎えましたよ。


2015年(平成27年)3月現在、東京駅 - 新大阪駅間の所要時間は最速2時間22分、最高速度285km/hで運行されていますよ。


東海道新幹線は、東京、名古屋、大阪という日本の三大都市間を高速移動するための交通手段の一つですね。


1日当り列車本数:358本、1日当り輸送人員:約44.5万人(年間輸送人員:約16,300万人)、年間収入:約11,920億円など、世界有数の輸送サービスを提供している鉄道路線ですね。(数字はいずれも2015年度)


のぞみは、1992年(平成4年)3月14日の300系登場と同時に新しく設定された最速達タイプの列車で、本数は全体の約5割ですよ。


2003年(平成15年)10月のダイヤ改正以降、ひかりに代わる東海道・山陽新幹線の主軸列車として位置付けられ、大幅に増発されましたよ。


2010年(平成22年)3月13日のダイヤ改正以降、山陽新幹線に直通する定期列車はすべてN700系での運行となりましたよ。


また、2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正以降は、東海道新幹線内のみの列車も含めてすべての定期列車がN700系での運行となりましたよ。(臨時列車には700系も使われる)


東海道新幹線の時刻表(下り・上り)を調べる方法は、大きく4つありますよ。


まず、JR東海のサイトから確認する方法ですね。
ひかり、こだま、のぞみ、みずほ、さくらのすべての時刻をPDFで確認できますよ。
http://railway.jr-central.co.jp/jikoku/ 


次に、時刻表案内サイト・乗換案内サイトから確認する方法ですよ。
えきから時刻表ジョルダン駅探などですね。


さらに、アプリを利用する方法がありますよ。
JR東海からJR東海 東海道・山陽新幹線時刻表アプリが無料で出ていますよ。


また、本や雑誌から確認する方法がありますよ。
JTB小さな時刻表』では、JR線が全線、私鉄やバス路線、国内航空などの時刻表も網羅されていますよ。


東海道新幹線を予約できる新サービスが、2017年9月30日にスタートしましたよ。


それは、スマートEXと言います。(予約可能な新幹線は、東海道新幹線山陽新幹線


利用方法として、年会費無料の会員登録、クレジットカード登録、新幹線を予約、交通系ICカードで乗車ですよ。


その特徴は、予約変更は何度でも手数料が無料ですよ。交通系ICカードだけで乗車できますよ。(乗車人数が二人以上の場合などは、事前に指定席券売機で切符を受け取る必要があります)


料金の割引サービスがありますよ。
EX早特は、乗車日の3日前までの予約でのぞみ普通指定席・グリーン車がお得になりますよ。


たとえば、平日の東京~岡山14,400円と2,940円、お得になりますよ。
ただし、繁忙時期(年末年始、GW、お盆)には設定除外日があり、その期間は利用できませんよ。


その他、EXファミリー早特EX早特21などがありますよ。
スマートEX https://smart-ex.jp/product/ 


そのほか、JR東日本が提供しているえきねっとJR西日本が提供しているおでかけねっとでも予約できますよ。


東海道新幹線の料金は、JR東海ホームページや、各乗換案内サイトなどで確認することができますよ。
JR東海 http://jr-central.co.jp/ 


東海道新幹線には、のぞみひかりこだまと走行スピードと停車駅の違いで3つの種類がありますが、実は料金も異なりますよ。


指定席チケットの比較(乗車券料金+指定席料金=合計金額)すると、
・のぞみ 8,750円+5,700円=14,450円
・ひかり 8,750円 +5,390円=14,140円
・こだま 8,750円+5,390円=14,140円
ですよ。


また、新幹線の正規料金は高いのですが、様々なお得な切符も用意されているので、事前に確認すると新幹線の料金を抑えることができますよ。


新幹線お出かけきっぷの場合、
2名以上の利用で、東京・品川~小田原または東京・品川~熱海の料金は、
東京・品川―小田原→往復4,630円
通常片道で、3,740円(乗車券1,490円+特急券2,250円)かかるので、2,850円お得ですよ。


新幹線豊橋往復切符の場合、
名古屋市内→豊橋ゾーン(豊川・二川)→2,320円
通常料金4,600円より2,280円お得ですよ。


東海道新幹線の停車駅は、全部で17駅です。最も新しい駅は、2003年に開業した品川駅ですね。


サイトで、新幹線を含めたJR東海の路線図を見ることができますよ。
http://railway.jr-central.co.jp/route-map/ 


のぞみ停車駅は、
東京―品川―新横浜―名古屋―京都―新大阪
ですよ。


ひかり停車駅は、
東京―品川―新横浜―(小田原)-(熱海)―(三島)―静岡―浜松―(豊橋)-名古屋―岐阜羽島米原―京都―大阪
※()駅は一部列車のみ停車
ですよ。


こだま停車駅は、
東京―品川―新横浜―小田原―熱海―三島―新富士―静岡―掛川―浜松―豊橋三河安城―名古屋―岐阜羽島米原―京都―新大阪
ですよ。